兵庫県加古川市にあります、社会福祉法人 東播福祉会認定こども園  みのりヶ丘保育

兵庫県加古川市加古川町美乃利164-4

保育理念・方針

ごあいさつ

幼児期は人間の成長期の中でも一番大切な時期です。
この時期に人間としての基盤をどう作るかが将来に大きく関わってきます。

子どもは様々な豊かな体験をすることで自ら成長していきます。

めまぐるしく時代が変化していき、物の豊かさばかりが追求される今、
子どもたちにとって本当に大切なものは何かを求め続けていきたいと思っております。

保育理念

『豊かな体験や自由遊びを通して、将来の社会に貢献できる自立した子供を育てる』

幼児期は人間としての基盤、基礎を作る大切な時期です。

子どもは、自分でみつける遊びや豊かな体験を通して、自律した人間に成長していきます。

私たちは、決して詰め込み教育を通してではなく、自ら考えられるような環境を設定し、
生きる力がもてる子どもを育てていきたいと思っています。

保育目標

しなやかな心と体で個性豊かに遊び込める子どもに!
・元気いっぱい遊べる子・思いやりのある子・待てる子・考えて行動する子・やりとげる子

保育方針

豊かな不快体験保育

読み聞かせによる絵本体験

〜読みきかせによる絵本体験〜

よい絵本の読みきかせによって、子どもは主体的に自分の思いをもって、想像豊かに絵本の世界で遊びます。

そのことにより生活体験がさらに広がります。

よい絵本を子どもたちに読みきかせます。

のびのびと体を動かして遊ぶ

自由な発想で体を動かして遊ぶことは、幼児期には大切なことです。

この時期に遊び込むことが、脳や心に刺激を与え、健全な子どもの育ちへとつながります。

のびのびと体を動かしてどんどん遊びましょう。

日本の伝統を大切にしながら、外国人先生にも親しみ、真の国際人を育てる

〜外国人先生と一緒に遊び、英語に親しむ〜

言葉は耳から覚えて話せるようになります。それには

  1. 1.外国人先生と毎日英語に親しむ機会を作ります。
  2. 2.身近な言葉や挨拶等を歌やゲームの遊びを通して正しい英語の発音を身につけ、幅広いコミュニケーションを楽しみます。

外国人先生と毎日楽しく英語のお勉強をする子供たち

ページのトップへ